カテゴリー



















TALKBOXER/トークボクサーへの道 TALKBOX/トークボックスの仕組みと接続方法 機材1:TALKBOX/トークボックス 機材2:パワーアンプ 機材3:シンセサイザー、キーボード 機材4:チューブ(TALKBOXに付属) 機材5:それぞれを接続するためのケーブル


カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

YUSUKE

≫プロフィールはこちら
僕自身、 TALKBOXの音色にとりつかれた人間の一人であります。 TALKBOXを愛するがゆえ、Bounce Cityを創りました。 より多くの方々に、 この魅力にとりつかれていただきたいと思います。 さあ、TALKBOXサウンドを楽しんでください。

モバイル


決済

Feed

GF WORKS監修カスタムケーブル

Check
販売価格 5,000円(内税)
購入数
オプションタイプ

GF WORKS監修カスタムケーブルが登場!
多数のトークボクサーからのご要望にお応えし、
ドライバとパワーアンプを接続するためのトークボックス専用GF WORKS監修カスタムケーブルが登場です。
*こちらの商品は、完全オーダーメイド品ですので、ご注文後、1週間程度で納品可能となります。
*コンデンサーとの接続部の強度が若干弱くなっておりますので、強い力を加えないようご注意ください。

GF WORKS監修カスタムケーブル
裸線+コンデンサ+裸線
5000円
裸線+コンデンサ+フォーンメス端子
6500円
ファントン端子+コンデンサ+裸線
5500円
ファントン端子+コンデンサ+フォーンメス端子
7000円


ファストン端子には、オーディオテクニカの18金ファストン端子、
フォーン端子(メス)には、Neutrikのロック付き1/4インチフォーン端子(メス)を使用しています。

ファストン端子

フォーン端子(メス)


GF WORKS監修カスタムケーブルは、
ベルデンのツイスト仕様スピーカーケーブル50cmを採用することで
磁気影響による音質老化を受けにくく、ケーブル端末は長期使用に耐えうるハンダ処理がなされています。
スピーカーケーブルのプラス極(オレンジ色)には、
B&Wにも使用されているMundorfのECap電解コンデンサ(容量:33μF/耐圧:100VDC)を採用することで
8Ωドライバでは600Hzからの6dB/octハイパスフィルタとして機能しドライバを保護します。

また、様々なドライバやパワーアンプと併用できる様にケーブル端末のオプション加工も用意。

Electro Voice 1823M/1824M、PYLE PDS772/PDS521、Peavey RX22など、
ドライバのターミナルがファストン端子用に、
「オーディオテクニカの18金ファストン端子オプション」や、

Acoustic ImageやWalter Woodsなど、
パワーアンプのスピーカー出力ターミナルがフォーンやスピコン端子用に、
「Neutrikのロック付き1/4インチフォーン端子(メス)オプション」も可能です。


主なファストン端子ドライバ:Electro Voice 1823M/1824M、PYLE PDS772/PDS521、Peavey RX22等
主なプッシュ式(裸線)端子ドライバ:MCM DU-60/DU-40、Selenium D250-X等
主なフォーン端子対応パワーアンプ:Acoustic Image、Walter Woods、PLAYTECH JAMMERBASS PRO HEAD等
主なプッシュ式(裸線)パワーアンプ:Roland SRA-50等
*適合端子の詳細は所有する製品の説明書をご覧下さい。
*パワーアンプのスピーカー出力ターミナルがスピコン端子の場合には、別途スピコン<->フォーン(オス)変換ケーブルを、
パワーアンプのスピーカー出力ターミナルがフォーン端子の場合には別途フォーンケーブルをご用意下さい。

注意:極性はオレンジがプラス極、ブラックがマイナス極です。
コンデンサとケーブルはハンダ処理され熱収縮チューブで仕上げておりますが、
強度はそれほどありません。無理にケーブルを引張らない様にご注意下さい。
TALKBOX/トークボックス historyTALKBOXER/トークボクサー search
トークボックスCDを選ぶ方法・探す方法トークボックス試聴コンテンツ
携帯版 Bounce City コンテンツオリジナル・グッズ